『Black Laborary』 – 煉重装甲戦闘部隊 (ゴリラ)

¥158,000

在庫あり

説明

« 2 »

Black Laboraryシリーズ第10弾の装甲戦闘部隊(ゴリラ)、重装備造形三部作の最終章となる。

動物DNAと属性特性:

ゴリラのDNAを採取し、ゴリラの持つ腕力や体格のように、上半身の筋肉や体力を強化する。

主要任務:

重装甲戦闘部隊/ゴリラは、主に高度な近接戦闘を担当する。複雑な地形がある戦闘環境で他の重装甲部隊を支援するために配備される。
優れた環境適応能力を持ち、近距離で指定された目標に破壊的な打撃を与えることができる。装甲部隊の中で最も重装備であり、戦術協力時には他の装甲部隊の援護と障害物の除去を主な任務とする。

装備:

最大の防御力を発揮するため、重装備部隊の中でも重量のある高強度装甲を装備している。鎧の重量が大きいため、自身の活動範囲に影響を及ぼした弱点を補うため、鎧の足と手に補助動力装置を装備し、より多くの動力を供給して、楽に動けるようにする。

また、頭部はアーマードマスクで保護され、顔を最大限に保護する。
主な武器は2本の巨大なロボットアームで、両手首の補助動力装置からエネルギーを放出することができます。高出力なロボットアームにより、一発のパンチで相手を粉砕することができる。ただし、手のひらや指のサイズが大きいため、戦闘中に武器を使用することはできない。

実験者情報:

実験番号:NH004
被験者氏名: ヘラクレス

個人情報:

山岳戦闘師団に所属した後、ドイツ軍に入隊。
Black Laborary改造計画でゴリラとの遺伝子交換に成功し、ドイツ軍重装甲戦闘部隊に入隊した。ヘラクレスは、ギリシャ神話に由来する部隊名。体格がよく、力持ちで、武術に長けている。

追加情報

重さ 6 kg

レビュー

レビューはまだありません。

“『Black Laborary』 – 煉重装甲戦闘部隊 (ゴリラ)” の口コミを投稿します

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です